YATO

500年のCOMMONを考える

Webトップページのリニューアルについて

こもれびに集う人と人 谷あいに響く声と声
土地の自然を体に感じ、文化を未来に手渡していく
遠い昔から形づくられてきた谷戸の地で、
500年続くお祭りが新たにはじまります。

 


500年のcommonを考えるプロジェクト 「YATO」は東京都町田市忠生において、500年続く場所や仕組みを考える活動を2017年からおこなっています。忠生は谷状の地形から「谷戸」とよばれ、古くから水が集まり、それによって人々が集う場所でもありました。

 

活動拠点とする簗田寺の歴史をひもといた時、およそ500年ごとに大きな節目となる出来事があったことをヒントに、これから500年続くような「人が集う場所や仕組み」を考えていくための様々な試みを重ねています。

 

例えば、古くから続くお祭りや、自然の営みに寄り添っておこなわれる年中行事には、続いていく理由や仕掛けがあるのではないかと考え、こどもと大人が一緒につくりあげる年に一度の「YATOの縁日」を活動の核にしています。また、初午や年末のお餅つきなどの年中行事のリズムに連動して、活動をおこなってきました。それらの活動の記録や、自分たちの知らない少し昔の出来事を、これから先への世代へと伝え継いでいくために、様々な記録方法を試したり、聞き書きをもとにしたかわら版を発行したりもしています。

 

約3年半の時間を経て、プロジェクトの輪郭が少しずつ明らかになってきたものの、初めてYATOの活動にふれる方に、その全容を伝えることの難しさを常々感じてきました。こどもたちや大人たち、地域の方、YATOでは「先輩」とよんでいる年長者の皆さんに、ひと目でYATOの活動の広がりを感じていただけるようなビジュアルイメージをつくれないか。そんな思いから誕生したのがこのWebトップページにあるピクセル画です。

 

話し合いを重ねる中で、ピクセル画という制約がある形式にもかかわらず、時間や空間を超える広がりが感じられる作風が魅力的なhermippeさんに、YATOの活動を一枚の風景として描いてもらえないかと考えました。hermippeさんには、YATOが活動拠点とする町田市忠生に足を運んでもらったり、毎月メンバーと行っている定例会議に参加してもらったりしながら、YATOのことを知ってもらい、制作を進めてもらいました。完成したピクセル画は、どこか懐かしさを感じさせながらも、どこにもないワクワクする世界観が詰まっています。きっと見るたびに様々なYATOの風景が見えてくると思うので、ぜひあなたのYATOを見つけてみてください。

 

※本ピクセル画は秋バージョンとして公開するものです。今後、春、夏、冬バージョンの公開も予定しています。

 

作者プロフィール

hermippe

イラストレーター(ドット絵)。昔飛び出した故郷・多摩ニュータウンで見た気がする集合住宅を描いたり、SFのお話の挿絵を描いたり、虫をよく見て描いたりして暮らしています。ミュージックビデオ/VJ/商品コラボ/リソグラフ/刺繍/レコードジャケット/ZINEなど制作。

https://hermippe.me/

「YATOかわら版」6号

「YATOかわら版」の第6号を発行しました。

YATOかわら版について

 

「忠生のはなし」では、毎回、忠生に関わりのある方々に聞き書きを行い、その内容を紹介しています。今回は、町田市小野路町の田んぼでお米をつくられている杉山弘さんに、谷戸と稲作の関係についてお話を伺いました。

昔の人が、谷戸の自然に向き合い、工夫しながらお米を作っていった様子がよく分かります。

 

YATO日記のコーナーには、8月に行なった影絵ワークショップ2021のことを、やとっ子だよりのコーナーにはYATOの縁日2021のお知らせを掲載しています。

 

 

「YATOかわら版」
編集:森若奈(「雛形」編集部)
デザイン:根岸篤男(Aim Design)
木版制作:坂本大三郎
見出し:やとっ子同盟

 

 

YATOかわら版 6号 ダウンロード

 

 

バックナンバー → 1号 2号 3号 4号 5号

 

 

※やとっ子同盟とは、アーティストや年長者によるワークショップにこどもたちが参加し、忠生の歴史や文化に出会い、新しい遊びの開発や学びの場をこどもと大人が共に取り組む仕組みです。
活動の様子はFacebookページでご覧いただけます。
やとっ子同盟に参加してみたい、興味があるという方は、詳しくは、こちらをご覧ください。

「YATOの縁日2021」に向けたワークショップが始まります。

毎年秋に実施している「YATOの縁日」。今年も9月23日(木・祝)に開催予定です。一昨年は会場の簗田寺にて、昨年はオンラインにて開催しました。
過去開催した「YATOの縁日」の様子は、以下よりご覧いただけます。
YATOの縁日2019
YATOの縁日2020
YATOの縁日2020 記録動画紹介記事

 

YATOでは2017年より、地元の年長者への聞き書きや、こどもたちとのワークショップ、年中行事のリズムに合わせて行うイベント等を通じて、500年続く人が集う場を考える試みを続けています。

 

その中のひとつであり代表的な活動として、「YATOの縁日」があります。

地域の方々による屋台や、音楽の演奏、影絵芝居の上演など、こどもも大人も混ざり合い、思い思いに過ごすことができるお祭りです。

今年は、土器の楽器の音色が流れる会場には美味しい匂いと笑い声があふれ、クライマックスにはバグパイプの演奏にのせて、地域に伝わる龍の伝説になぞらえた影絵芝居をこどもたちと上演する、そんな「YATOの縁日」を目指しています。

 

7月上旬には、2つのやとっ子同盟ワークショップを募集開始予定です。楽しみにお待ちください!

 


■ やとっ子同盟ワークショップ

 

1. 影絵ワークショップ

簗田寺の里山環境をフィールドワークして場所のことを知り、そこからイメージをふくらませて影絵人形を作って「YATOの縁日」で皆で上演します。

 

講師|川村亘平斎 https://www.kawamurakoheysai.com
対象|小学生(1〜6年生)
内容|現地での影絵制作1回、影絵の練習1〜2回、フィールドワーク1回、オンラインワークショップ2回
募集|7月上旬を予定

 

2. 土器楽器ワークショップ「しずむおと」

粘土で打楽器を作り、「YATOの縁日」で演奏します。

 

講師|小判(a.k.a. COINN(コイン)) http://www.coinn.jp/
対象|小学生(1〜6年生)
内容|オンラインでの土器の制作1回 ※状況次第では対面になる可能性もあり
募集|7月上旬を予定


◯ いずれのワークショップも、対面で行うものは、緊急事態宣言等発令時においてはオンラインへの切り替え等を検討します。

 

◯ 対面実施の場合は、新型コロナウイルス感染症対策を行い、安心・安全の運営体制にて実施します。

 

◯ 「YATOの縁日」は、昨年同様、新型コロナウイルスの状況を見ながら開催方法を検討し実施予定です。

 

※本プロジェクトは「東京アートポイント計画」の一環として実施しています。
※プログラムの内容は変更になる可能性があります。
※やとっ子同盟とは、アーティストや年長者によるワークショップにこどもたちが参加し、忠生の歴史や文化に出会い、新しい遊びの開発や学びの場をこどもと大人が共に取り組む仕組みです。
活動の様子はFacebookページでご覧いただけます。
やとっ子同盟に参加してみたい、興味があるという方は、詳しくはこちらをご覧ください。

 

YATOの山野草 秋/冬

昨年11月に開催したやとっ子同盟ワークショップ「YATOの小さな遠足〜山野草を探して〜」をきっかけに制作したアートワーク「YATOの山野草 秋/冬」が完成しました。

秋も深まるころ、約2時間ほど簗田寺の山を歩きながら、さまざまな山野草の説明を聞くうちに、一面同じ緑に見えていた風景の解像度が上がるような、ひとつひとつの山野草が語りかけてくるような不思議な感覚を覚えました。

YATOが拠点とする簗田寺の、ゆたかな自然の色合いを、ぜひ感じていただけたらと思います。

 


「YATOの山野草 秋/冬」

 

秋の簗田寺をめぐり、YATOの生態系に触れる。

この土地の自然とともに暮らす齋藤美智子さんの導きで

出会った山野草の数々と、目にした風景、

そして感じた色模様を、アーティスト 小川哲さんが

心象地図として描きあげました。

 

地図のような水彩画の表面は、簗田寺を囲むように茂る野草たちの情景を表現したもの。

ワークショップ当日に歩きまわりながら感じた印象を伝えるように抽象化して描かれています。

 

植物図鑑のような裏面は、そのとき見つけた植物を描き並べたもの。

何気ない風景の中に、意識しないと気づかずに通り過ぎてしまうほどささやかな、けれどもとても豊かで様々なかたちや色を持つ植物があることに気づいたときの驚きとともに表現されています。

 

ディレクション:安永哲郎

イラストレーション:小川哲

デザイン:根岸篤男(Aim Design)

サイズ:A1(594mm × 841mm)

 

2021(令和3)年3月発行

 

 


profile|小川 哲 Satoshi Ogawa

 

1972年島根県生まれ。セツ・モードセミナー卒業。音楽制作会社に勤務後、イラストレーターとして活動。水彩を用い、シンプルな形や幾何学、パターンを取り入れたリズミカルな作画で雑誌や書籍、CDジャケット等を中心にイラストレーターとして活動。個展の開催や、音楽をテーマにしたZINEの制作などにも力を入れている。 2021年3月20日から、神田のTETOKA Gallery にて個展を開催。

 

website https://satoshiogawa.amebaownd.com/
Instagram https://www.instagram.com/ogsatoshi/

YATOの縁日2020 記録映像

昨年9月に実施した「YATOの縁日2020」の記録映像を公開しました。

 

YATOでは「500年」という時間軸を意識しながら活動しています。

活動の記録を伝え継ぐ方法としても、500年後の人々の目にどう映るのか、どのようなメディア(媒体)であれば500年耐えうるのかなど、日々議論を重ねています。

その試みの一つとして、今回の記録映像は16mmフィルムを使用して撮影し、YATOの縁日当日の音声を組み合わせて編集しています。


「YATOの龍女」の記録によせて

 

2020年の『YATOの縁日』は、コロナ禍によって集まることができなくなったことで、川村亘平斎による無観客の奉納影絵『YATOの龍女』を唯一の演目として行われました。

そしてその様子をYouTubeでライブ配信し、その配信した映像がそのままの形で自動的にYouTubeにアーカイブされることになりました。

これは今回の私たちだけに限ったことではなく、コロナ禍でのオンラインイベントでは、すでに一般的なフォーマットとなっています。

 

YATOでは、行われたことの記録をどのように残すかという、記録とその継承の方法を考えることがひとつのプロジェクトテーマになっています。

YouTubeに自動的にアーカイブされるという、私たちの意志の及ばないところで、いつ見れなくなるかわからないものを唯一のアーカイブとして残しておくのは心もとない。それとは別の方法で、なにか私たちの側にこの奉納影絵を記録して残しておくことはできないものか、と考えました。それもできるだけ長く残るような方法で。

 

結果として私たちは、16mmフィルムという媒体での記録方法を選びました。

それは、まず記録が物として手に触れられる形で残ること、ネガさえあればそこから再びプリントを生み出せること、そしてフィルムに光さえ照らせば、その影として文字どおりの影絵が再演されるということから、今回はこの媒体を試してみようということになりました。

 

果たしてどのような記録が残ったのかは、実際に映像を観てもらい、感想はそれぞれに委ねたいと思います。もちろんこの方法でも、考えられる不安はいくつも残っています。

サウンドはどうやって残していくのか、実際の演目の尺より大幅に圧縮されたこの記録を、正確な記録と呼べるのかなど。

こうした課題を踏まえ、YATOでは今後も記録とはなにか、継承とはどういうことかを考え、実践していきたいと考えています。

 

波田野州平

 

 

 

奉納影絵 「YATOの龍女」

作・出演:川村亘平斎
音楽:幸町バグパイプCLUB
衣装・会場装飾:spoken words project
影絵人形制作:やとっ子同盟

撮影・編集:波田野州平

 

YATOの縁日2020」のライブ配信映像も、2021年3月31日までの期間限定で公開中です。

「YATOかわら版」5号

「YATOかわら版」の第5号を発行しました。

YATOかわら版について

 

毎号、忠生に関わりのある方々に聞き書きを行い、その内容を紹介している「忠生のはなし」。今回は、幼稚園の頃に忠生にお住まいだった早川朝子さん(成瀬くりの家保育園 園長)にお話を伺いました。
テーマは「記憶に残らないこと」。はっきりと記憶に残っていなくても、大人になって、「懐かしい」、「この匂いが好き」、「なんかほっとする」と思えるものがあることの大切さについて。

 

YATO日記のコーナーには、昨年末行ったYATOの年の瀬2020のことを、やとっ子だよりのコーナーにはやとっ子同盟ワークショップ「いきかよふ YATO香」のお知らせを掲載しています。

 

 

「YATOかわら版」
編集:森若奈(「雛形」編集部)
デザイン:根岸篤男(Aim Design)
木版制作:坂本大三郎
挿絵:齋藤紘良
見出し:やとっ子同盟

 

 

YATOかわら版 5号 ダウンロード

 

 

バックナンバー → 1号 2号 3号 4号

 

 

※やとっ子同盟とは、アーティストや年長者によるワークショップにこどもたちが参加し、忠生の歴史や文化に出会い、新しい遊びの開発や学びの場をこどもと大人が共に取り組む仕組みです。
活動の様子はFacebookページでご覧いただけます。
やとっ子同盟に参加してみたい、興味があるという方は、詳しくは、こちらをご覧ください。

YATOの年の瀬2020 記録映像

昨年末のYATOの年の瀬2020の記録映像を公開しました。

 

2020年12月20日に、簗田寺のお餅つきに合わせて、ゆるやかに語り合う場「YATOの年の瀬」をオンラインで開催。
昨年に引き続き、Taikuh Jikang 滞空時間によるお餅つきの伴奏ミニライブが行われ、その様子をInstagram Liveで配信しながら、YATOプロジェクトメンバーが今年一年をラジオ番組風に振り返りました。
InstagramのYATO公式アカウント(@yato500net)より、当日のアーカイブ映像もお楽しみいただけます。

 

※YATOの年の瀬としてはInstagramでの配信のみ行い、その後、運営メンバーで恒例の門松づくりを行いました。

 

 

撮影:YATOプロジェクトメンバー(宮崎由子、荒生真美)
編集:波田野州平

しずむおとの記録映像を公開しました

8〜9月に行ったやとっ子同盟プログラム「しずむおと(土の楽器で演奏しよう)」「しずむおと 土器の楽器演奏会」の記録映像を公開しました。

 

ワークショップに参加したやとっ子たちが作った土器楽器を、講師の小判(a.k.a. COINN)さんが野焼きして、2020年9月19日にこどもたちとともに演奏し、最後、土に還すまでの過程が収められています。

 

 

映像:波田野州平

「YATOかわら版」4号

「YATOかわら版」の第4号を発行しました。

YATOかわら版について

 

表面では、忠生で生まれ育った美術教師の牧野朝輝さんにお聞きした、坂道のお話を紹介しています。また、YATO日記のコーナーではデリバリー影絵ワークショップの様子を、やとっ子だよりのコーナーでは9月22日の「YATOの縁日2020」のお知らせをご覧いただけます。

 

 

「YATOかわら版」
編集:森若奈(「雛形」編集部)
デザイン:根岸篤男(Aim Design)
木版制作:坂本大三郎
挿絵・見出し:やとっ子同盟

 

 

YATOかわら版 4号 ダウンロード

 

 

バックナンバー → 1号 2号 3号

 

 

※やとっ子同盟とは、アーティストや年長者によるワークショップにこどもたちが参加し、忠生の歴史や文化に出会い、新しい遊びの開発や学びの場をこどもと大人が共に取り組む仕組みです。
活動の様子はFacebookページでご覧いただけます。
やとっ子同盟に参加してみたい、興味があるという方は、詳しくは、こちらをご覧ください。