YATO

500年のCOMMONを考える

EVENT

YATOの年の瀬

年の瀬迫る12月23日、簗田寺のお餅つきに合わせて、ゆるやかに語り合う場「YATOの年の瀬」を開催します。忠生地域の今と昔の映像や写真を眺めながら、思い出や地域の物語を皆さんとともにお話できればと思います。

 

※「YATO街頭テレビ」では、地域リサーチで出合った忠生の風景を今の映像、昔の映像や写真をモニターで流します。地域の様子がわかる、昔の映像(ビデオ、8mmフィルムなど)や写真をお持ちで、お貸しいただける方がいらっしゃいましたら、ご連絡をお待ちしています。

タイトル

YATOの年の瀬

日時

2018年12月23日(日・祝)
10:00~13:00

場所

簗田寺(東京都町田市忠生2丁目5-33)
「山崎小学校前」バス停下車徒歩5分
※駐車場に限りがあるため、ご来場の際は公共交通機関をご利用ください。

プログラム

YATO街頭テレビ 10:00~13:00

幸町バグパイプクラブの演奏 11:00〜11:30

※当日会場内では、簗田寺のお餅つき(10:00~13:00)も開催されています。

出演

幸町バグパイプクラブ

映像

波田野州平

料金

無料

お問い合わせ

YATOプロジェクト事務局
info@yato500.net

主催

東京都、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、社会福祉法人東香会

■出演者プロフィール

 

幸町バグパイプクラブ

2018年初夏に結成。人々が混ざり合う場を、バグパイプと太鼓と餅つきを通して膨らませるクラブです。8月10日に行われた「YATOの縁日」にも出演。

 

波田野州平(はたのしゅうへい)

鳥取生まれ、東京在住。映画監督、映像作家。2013年、初長編映画『TRAIL』が劇場公開される。

以降は現地調査を基に、フィクションとドキュメンタリーが渾然となった手法で、都市と辺境を往復して作品を制作している。

2018年12月には、秋田県大館市にて滞在制作した『断層紀』と、鳥取県倉吉市にて滞在制作した『影の由来』が東京ドキュメンタリー映画祭にて上映予定。

http://shuheihatano.com

 

※プログラムの内容は変更になる可能性があります。

SHARE